ビルメンテナンス業界の平均年収はどれくらい?

ビルメンテナンス業者はビルを快適に利用するために色々な業務を行います。ビルにはオフィスや店舗などが入っていて多くの人が出入りします。
オフィスでは社員が元気に仕事ができるように、店舗ではお客が気持ちよく利用できるように清掃や整備などを行います。
綺麗に掃除してあるビルと、そうでないビルではどちらの方に入りたいと思うでしょうか。
ビルメンテナンス業者はビルを利用するすべての人が快適な時間を過ごせるように日々活動しています。

気になる平均年収はといいますと、一概には言えませんが350万円前後が平均のようです。 あくまで平均値ですので、やり方次第ではさらに売上をあげることも可能でしょう。

次はビルメンテナンスという仕事の基本的な業務内容を紹介していきます。

点検やメンテナンス

建物の安全確認、設備機器の点検と運転監視、設備のメンテナンスを行います。
設備機器をしっかりと管理、整備することで無駄なコストを削減していきます。設備機器を長時間使い続けるとランニングコストが気になるところです。
ランニングコストを削減するという意味合いでもメンテナンス作業というのは非常に大事なのです。
また、施設を長く使えるよう維持することもビルメンテナンスの大事な仕事です。

清掃作業

清掃については、そのビルの使われ方、中に入っている店舗などに合わせて最善の清掃方法を選択することが必要です。
オフィスと飲食店では設備機器が大きく違います。汚れ方もまったく違うので、清掃方法も異なります。
オフィスの場合は室内を綺麗にして、なるべく明るくなるように清掃していきます。
飲食店の場合は食事をするところなので、衛生面に最も気を使います。

ビル清掃は安定した収入を得られる業界

ビルメンテナンス業界へ就職しようと思っている方や、転職しようと考えている方が最も気になるのが年収だと思います。
ビルメンテナンス業界は比較的安定している業界で、一度就職すれば長く活躍できる業界です。

一般的なビルメンテナンスの平均年収は350万円前後ですが、さきほども言ったとおりこれは会社によってかなり開きがあります。
窓ガラスクリーニング、フロアクリーニング、ワックスがけ、設備機器の点検と整備、ビルの外壁の清掃などの基本的な清掃作業のみを行う会社の場合は、大体平均年収くらいだと思います。
より高度な技術を必要とするクリーニングや、危険が伴う作業が多い場合は平均年収よりも高い年収を得ることも十分可能です。
ビルメンテナンス業界では専門的な資格を保有していることが年収の面でも有利に働くことが多いです。
安定性や将来性を求めるのであれば、なるべく早い段階で専門的な資格を取得して、現場での作業経験を積むことが大事です。

現在、ビルメンテナンス業界は高齢化が進んでいて、若い世代が入ってこないという問題が浮上しています。
今後はさらに高齢化が進むと考えられていて、若い人であれば未経験でも雇う会社が増えています。
アルバイトなどで生計を立てているフリーターや、転職を考えている人にとっては将来性が高い業界であることは間違いありません。
若い世代が減っているビルメンテナンス業界ですが、今後の頑張り次第で状況は大きく改善できる業界でもあります。
ビル業界でのフランチャイズ開業がおすすめの理由は、こちらをご参照のこと。

ビルメンテナンスの関連記事