ビルのオーナーになって賢く将来の資産運用を

ビルのオーナー資産運用術 ビルの資産運用は不動産投資の一つであり、ビル自体を売却して得る利益ではなく、第三者に対して一定の期間ビルの一室を貸し出すことで利益を得る方法です。
将来に向けて一定の利益を生み出したいという方は、ぜひビルの資産運用にご注目してみてはいかがでしょうか。

ビル経営のメリットとしてまず挙げられるのが、定期的な利益の獲得です。
一度貸し出してしまえば、毎月一定額の収入が入ってきますので安心して生活することができます。
しかし、オーナーとしてビルを管理・運用するのであればビル購入時にかかった費用や運用する上でかかる費用を得られる利益で補わなければなりません。
購入時にかかる費用については長い目でみれば元が取れると考えもありますが、不動産であるビルは、住民が安心して暮らせる環境を維持するために定期的なメンテナンスを必要とします。
そのため、初期費用だけでなく、今後かかるであろう費用にも注目して最低どのぐらいの利益を毎月賄わなければならないのかを把握しましょう。
そうすれば、どのぐらいのフロア数を貸し出せば利益が得られるのかを知ることができます。

投資としてビルを購入する場合、費用をなるべく抑えたいという方にはローンを利用した少額投資からのスタートがおすすめです。
少額で始めることができれば、初期費用をすぐに利益で埋めることが目指せます。
万が一の場合には、投資用不動産を生命保険の代わりとして利用することも可能です。
資産運用の始め方は様々なものがありますので、まずは希望の経営や管理方法を専門業者に相談してみることをおすすめします。

オーナーになる前にビルの管理方法について考える

ビルのオーナーとして大切なのは、ビルの管理方法です。管理方法次第で、将来利益を得られる大きさが変わります。
ビルといってもその活用方法は様々であり、用途に合わせた構造や環境があります。
例えば、オフィスビルと呼ばれるビルは、様々な会社やテナントが入る場所であり最も多く建設されているビルとなります。
他にも、販売店や飲食店などが中心となって店舗を構える商業ビルや、ブティックやファッション系の店舗を中心にテナントを入れるファッションビルなどが挙げられます。

こうしたビル経営のメリットは、住宅用の不動産であるマンション・アパートの管理とは違い、比較的家賃を高く設定することが可能です。
立地条件や貸し出すテナントの収益見込みによって家賃設定は大きく変わりますが、住居用不動産よりも初期投資にかかる費用の回収を早く見込める傾向にあります。
また、貸し出す相手が法人を対象にしているため、大きなトラブルになるケースが少ないことも魅力です。

しかし、こうしたビルの管理については、初めてビル投資をする方には難しいでしょう。
それは、退去や空き室のリスクを考えないといけないからです。個人で法人経営のテナントに集客をかけるのはとても難しいです。
そのため、専門業者などのプロに管理を委託することで、うまく宣伝を行ってもらったり募集をかけて利益を得られるようサポートしてもらうのです。
もちろん選ぶ委託業者は実績や信頼を踏まえて選ぶことが重要です。