ビル管理の具体的な業務内容について

ビル管理の業務内容 日本は大きな商業都市が多くある近代国家になります。
そのため、高層ビルが都心部には立ち並び、大きな建造物や大型商業施設も少なくありません。
大規模な建造物になれば、当然入居者の方が快適に過ごしてもらうようにビル管理をする必要があります。

ビルの管理の仕事は業務として内容が幅広く、多岐に渡ります。最も最初に思いつく業務内容としては清掃でしょう。
まず入居者の方が出すゴミの回収や共有部分の清掃を行う必要があります。
また、入居しているのが飲食店や物販店など商業テナントであれば、常に清潔に保っていなければ、テナントさんの集客にも大きく影響を与えてしまいます。
清掃が行き届いていることはもちろんのことですが、日々のビルのメンテナンスも大切になってきます。

商業ビルの場合、お手洗いの清掃が行きとどいている必要がありますが、清掃以外でも、水が流れなくなったり、ドアが閉まらなくなった、開かなくなったという不具合は日常茶飯事になります。
そのような際にいかに迅速に対応できるかどうかがビル管理では重要になってきます。
いつまでも修理中の張り紙を張るわけにはいきませんので、適切で迅速な処置が必要になります。

また、夏場はエアコン、冬場は暖房など空調設備が安定しているかどうかもビル管理では問われるポイントになってきます。
冬場はボイラー設備に異常がないか点検も必要になります。商業施設内では電気工事も頻繁に行われます。
ビル管理では様々な資格を持った方が活躍しています。

高所での作業は資格がなくてもできる?

ビル管理の仕事は多岐に渡るため、大型施設になればなるほど、色々な資格を持つ方が集まって業務を行っています。
1人で全ての資格を持つことは難しいので、業務を分けて対応しているケースが少なくありません。

例えば、メンテナンス作業内容の一つに高所作業でビルのマドの清掃を行う仕事があります。高層ビルになると清掃業務でも国家資格が必要になります。
しかし、社内に高所作業の有資格者がいない場合は窓の清掃だけを外部の事業者に委託することも可能になります。
ただ、点検業務などで日常的に高所に上がる必要のある社員に関しては作業内容から国家資格を取得させた方が業務効率がよくなる場合もあります。

ビルメンテナンスの業務で必要となってくる資格としては、ボイラー技師や、環境衛生技術主任者、ビル設備管理技能士に電気主任技術者など多岐に渡ります。
ビルの管理は利用する方みなさんの安全を確保することが大前提になってきますので、資格を取得しておいたほうが、就職の際には当然有利に働きます。

また、資格はビル管理を行う企業に入社をしてからでも取得することは可能にはなりますが、普段の業務をこなしながら資格の勉強をするのは大変な負担になりますので、将来の進路先としてビル管理の仕事に就くことを脂肪している場合は学生のうちから勉強を始めておくと良いでしょう。
資格を持っていることが昇進の条件にしてしている企業もありますので、業務に関係する資格は持っておくようにしましょう。